Canvaにようこそ!どのようなヘルプが必要ですか?

一致する結果は見つかりませんでした。
メニュー

ホーム

はじめに

Create Your Design

Canva for Work

チームの設定

お支払いとプラン

Publish

寄稿者

Canvaでの印刷

CanvaのAndroidアプリ

Canva for iOS (iPhone と iPad)

規約

お問い合わせ

Canva 2.0

Canvaの紹介

Canvaでデザイン

Publish Anywhere

チームで作成

知ってほしいこと

テンプレート(レイアウト)

素材

アップロード

アプリ

検索

グリッドとフレーム

テキストとテキストホルダー

写真

背景

グラフィックス

グラフ

ページ設定

フォルダ

パスワードをリセット

Canva用語集

非営利団体プログラム

ログインとログアウト

デザインの転送

Canva for Workを始める

ブランドキット

フォントをアップロード

デザインのサイズを変更

チームテンプレート

無料コンテンツ

アニメーションを作成する

Canvaチームを作成

Canvaチームを設定

メンバーの追加と削除

Canvaでの役割と権限

チーム名を変更

中国での請求

有料素材を購入

請求

お支払いオプション

Canva for Workのプランを変更/キャンセル

Canva for Workトライアル

ソーシャルメディアに共有

スケジュール

保存

ダウンロード

デザインを共有

印刷

透かし

写真の準備

ベクター形式画像の準備

ファイル転送プロトコル(FTP)

寄稿者のよくある質問

寄稿に関して

デザインを印刷用に準備する

注文の管理と追跡

デザインを印刷用に送信する

サービス概要

価格情報

デザインのガイドライン

印刷に関するカスタマーサービスポリシー

配送情報

Androidアプリでのチーム

Android版 画像Pro

デザインを作成(Android)

検索(Android)

写真(Android)

オブジェクト(Android)

テキスト(Android)

支払い(Android)

保存と共有(Android)

チーム(iOS)

iOS版画像Pro

iOSで新しいデザインを作成する

レイアウト(iOS)

検索(iOS)

写真(iOS)

図形(iOS)

テキスト(iOS)

保存と共有(iOS)

iOSでの請求

ライセンス

プライバシー

利用規約

権利関係のご質問

カスタマーサポート

うまくいかない場合

埋め込みコードを共有

埋め込み機能を使うと、コンテンツを簡単に共有したり、ウェブ上で自動的に更新したりすることができます。ツイートを表示したり、YouTubeビデオを共有したり、あなたのブログやウェブサイトに埋め込むことができます。

Canvaのバージョンに応じてウェブサイトやブログ上でデザインを埋め込む方法に違いがあります。次のセクションではCanva2.0と1.0でのデザインの共有方法を説明しています。

デザインの埋め込みコードを共有する


以下のブログサービスに対応したコピー&ペーストできる埋め込みコードを簡単に入手できます。

  • WordPress.org
  • ブロガー
  • Tumblr
  • Wix
  • Squarespace
  • Medium

Canva2.0でデザインの埋め込みコードを共有する方法は次のとおりです:

  1. エディター上部にある[パブリッシュ]クリックします。
  2. ドロップダウンから[埋め込む]選択します。
  3. 有料素材をご利用の場合、[支払いと埋め込み]をクリックします。無料の素材のみの場合、[埋め込み]をクリックします
  4. デザインを埋め込む場所に応じて、使用可能なリンクを選択します。
  5. [コピー]ボタンクリックします。
  6. ブログやウェブサイトのHTMLビューアにコードを貼り付けます。

 

Canva1.0でデザインの埋め込みコードを共有する方法は次のとおりです:

  1. 画面の右上にある[共有]ボタンをクリックします。
  2. ダイアログボックスが表示されます。
  3. [埋め込み] をクリックします。
  4. 埋め込みコードが表示されます。
  5. 緑の[コピー]ボタンをクリックします。ボタンが[コピー済み]に変わります。
  6. ブログやウェブサイトのHTMLビューアにコードを貼り付けます。

Note:公開されているデザインのみを埋め込めます。

ブログやウェブサイトにコードを貼り付ける


すべてのブログのプラットフォームには違いがありますが、埋め込みを適用するには次の手順が有効です。

  1. コンテンツ管理システム(CMS)で、HTMLビューアを開きます。
  2. Command/Ctrl + Vを押してコピーしたHTMLコードをHTMLビューアウィンドウに貼り付けます。
  3. WordPress.orgの場合は[更新]Bloggerの場合は[Publish]Tumblrの場合は[投稿]Wixの場合は[今すぐ使用]Spacesquareの場合は[適用]クリックします。

HTMLビューアを開く方法:WordPress.org、Blogger、Tumblr、Wix、Spacesquare

WordPress.org

ブロガー

Tumblr

Wix

Spacesquare

Medium

oEmbedと呼ばれる技術Webコンテンツ制作者が写真、動画、リッチコンテンツなどのコンテンツを簡単に埋め込むことができるようにするために開発されたオープンフォーマットです。この技術ではまた、サードパーティのサイトにURLを入力することによって自動的に他のコンテンツを表示することもできます。

YouTube、Hulu、Flickr、VimeoなどのプロバイダはすべてoEmbedをサポートしています。つまり、oEmbedをサポートしているシステムにこれらのサービスのURLを貼り付けると、リッチメディアをすばやく埋め込むことができます。

Medium.comのようなのオンラインウェブサイトビルダーではoEmbedを介した埋め込みのみが可能です。この方法で共有すると、コードを手動でコピーして埋め込むことなくコンテンツを埋め込むことができます。CanvaデザインのURLをコピーして、次の画像に示すように、Mediumの自動埋め込みエディターに貼り付けます。

この記事は役に立ちましたか?

いいえはい

こんな記事も読まれています